新聞活用学習


  • ワークシート

    読売センター青葉台中央の所長が、読売新聞から作成した新聞活用学習ワークシートです。

    読解力がつき、文章を深く読み解くことができます。

    2017/11/04 パリ協定1年 経済に影響は

バックナンバー

注意

読売新聞やThe Japan News、ヨミウリ・オンラインといった読売新聞社の刊行物、ウェブサイト等に掲載している記事や写真 などは、読売新聞社の著作物で、日本の著作権法や国際条約などで保護されています。 原則として、著作権者である読売新聞社の許諾を得ずに、読売新聞やヨミウリ・オンラインの記事や写真、図表などをコピー、 転載、インターネット送信などの方法で利用することはできません。

どんなトピックを取り上げるの?

最近の新聞記事から、役に立つトピックスを毎週厳選してピックアップ。ワークシートを元にわからない語調べたり、 自分の考えを作文にまとめます。

新聞活用学習ゼミのワークシートって?

  1. お気に入り記事シート

    約2000人の読売新聞の記者が書いた記事の中から、政治、経済、国際、社会、暮らし、文化、スポーツ、天気、広告など、全てのページから、今日のベスト8の記事の見出しを書き出します。

  2. 語彙力強化シート

    清水塾では、一つの記事の絞り、深く学べます。まず、その記事の中から、わからない 言葉、読めない漢字を書き出します。調べてわかったことや感じたことを書いてみます。 塾生のみんなで一つの記事について、深く話し合います。

  3. 記事穴埋めシート

    毎日、塾長の清水が作成します。空欄に書き込みながら、記事の内容を確認できるよう に設問しています。

  4. 要点・下書きシート

    語彙力強化シートと記事穴埋めシートで整理できた要点を100字〜120文字程度で 書いてみます。下書きを書いて添削削除し、要点書きシートに再度書く事で、頭の中が 整理されます。

  5. 作文・論文シート

    新聞記事を深く読み込み、分析し、課題は何かを考え、解決するにはどうすばよいか 考え、自分の意思を書きます。「正解のない課題を解決する力」を養成します。

新聞記事・金融ライター吹田朝子さんも推奨!

「新聞活用学習ゼミ」で

読解力や作文力を鍛える!

  • 吹田朝子
    STコンサルティング㈲
    代表取締役
    一般社団法人 円流塾
    代表理事

    <プロフィール>
    1989年一橋大学商学部卒業後、生命保険会社で企画・調査、
    予算管理部門を経て1994年よりFPとして独立。
    はなまるマーケット、NHK 家計診断おすすめ悠々ライフ、
    テレビ東京・資産運用 あなたが主役~改革時代のマネープラン~に出演。

    <主な新聞掲載記事>

    • 日経ヴェリタス「金融の達人」コラム掲載(2016年)
    • サンケイリビング新聞(家計ナビ連載)(2005年〜2013年)

    <主な著書・雑誌の取材やコラム>
    小学生でもわかる!お金にまつわるそもそも時点(C&R研究所)
    AERA、週刊ダイヤモンド、東洋経済、女性誌ESSおとなの
    おしゃれ手帳、オレンジページ、クロワッサンInRed、ゼクシィ等

  • 新聞を日頃から読む習慣のある人は、世の中で自分の能力を存分に発揮できる傾向があるように感じて
    います。例えば、私の夫はいざという時に問題解決能力に長けており、非常に頼りになる人ですが、夫
    は小学生の頃から新聞を読む習慣があるといいます。また中高生の頃から新聞を読む習慣のある友人は、
    大学に進学せずとも大企業で活躍しており、また別の起業家の友人も非常に仕事が出来、周囲から頼り
    にされている存在です。

    新聞を読む習慣をつける事は、知識を増やし、自分の興味がある事の追求や理解につながります。また洞
    察力が身に付き、話を理論的にまとめる事ができるようになります。それは体系的にも整理した話をうま
    く相手に伝える能力にもつながります。すなわち、人をまとめる力、リーダーシップへもつながっていき
    ます。

    読解力を身につける事は、社会人としてのスキルを養うことにも大きく役立ちます。この機会に読解力
    を身につけるトレーニングを初めてみませんか。

2020 年、大学入試が大きく変わる

2020年、大学入試制度が大きく変わろうとしています。これまではマークシートでの回答が一般的でし
たが、2020年からは記述式・作文の問題が大半を占める事になるのです。

日頃から英語を喋る練習をしていなければ、いきなり英語を喋る事が出来ないことと同じく、いきなり文章
を書きましょう、と言われても、スラスラと思ったように書けないものです。

読解力や記述力を強化する取り組みを行っているのは、業界でも唯一、清水塾だけです。

2020年の入試対策に向けて、今から読解力を上げるトレーニングを清水塾で身につけてみませんか?

新聞をご購読されていないご家庭の皆様に、学習・受験教材として、新聞に新たな価値を
ご提案いたします。全国の読売センターの皆様からのお問い合わせも、お待ちしております。